泉山七福神巡りに行ってきました。

泉山七福神巡り京都

今年は行くか行かないか迷いましたが、恒例行事になっているので余程の荒天でなければと少し前に決めました。
コロナの影響で各寺院での普通吉兆授与や接待が中止になったり、いつもは福笹に取り付けて頂けるのですが今回は取り付けが無かったりといつもと違うと情報は泉涌寺のウェブサイトで確認してから出発です。

10時40分頃に到着しましたががらんとしています。いつもここにテントが張ってありますが、看板があるだけです、この看板がなければやっているのかもわからない様子でした。
泉山七福神即成院
中に入っていくとやはり人が少ないです。
泉山七福神即成院
ちなみに昨年の様子です。
泉山七福神巡り即成院昨年
各寺院の接待は中止と案内が有りましたが、小豆粥の接待は小豆粥の素の接待になっています。そのほかの寺院のお茶の接待等は案内通り接待はありませんでした。
泉山七福神小豆粥の素接待
この日の京都は最低気温が-1℃で、つくばいの水も凍っていました。
泉山七福神巡りつくばい
愛染明王の御朱印の案内です。今年は御朱印授与は無いと勝手に決めつけていたのでお寺用の御朱印帳を用意していなかったので頂きませんでした。いつもは人が多くて諦めていて、今年は人が少なかったから貰いやすかったのに残念です。
愛染明王御朱印案内
いつも賑わっている泉山幼稚園のバザーも中止となっていました。
泉山幼稚園バザー
子まもり大師です、うちの子も成人しましたが学生でありますので今年もお参りはさせて頂きました。
子まもり大師
来迎院の階段を久しぶりに登ってきました。ツアーの団体が来られて少し賑わってきました。
泉山七福神来迎院
泉涌寺に入ってくると福笹授与所がありました。
泉山七福神福笹授与所
福笹と普通吉兆授与品をセットで頂きました。3,000円でした。
泉山七福神福笹授与
今後はこの方法の方が嬉しいかも。
泉山七福神巡り
大黒天(雲龍院)の場所がいつもと変わっていました。うどんが提供されるお店も出ていませんでした。
泉山七福神雲龍院
悲田院からの京都市内。ここの場所はお気に入りの場所です。甘酒の接待ですが去年もなかったように思うのですがコロナが収まっても復活しないかも。
泉山七福神悲田院
この後は最後法音院でお参りを済ませて、お腹が空いたので京阪五条の辨慶うどんまで食べに行きました。
辨慶うどん
今年はコロナもあっていつもと勝手が違いましたが密にならずにお参りする事が出来ました。訪れる人もいつもの8割減くらいの感じでした。
オンライン授与も今年は1月末迄されているようです。
泉山七福神巡り福笹

コメント

タイトルとURLをコピーしました